みんなで楽しめる記憶に残る披露宴での演出方法

ゲストを喜ばせる演出

結婚式では様々な演出を行いますが、中でも結婚式ではペーパーアイテムを多く使うことがあります。その際にゲストの写真やゲストに対してのメッセージを書いておくと当日は喜ばれるでしょう。例えば席札にはゲストとの写真を貼り付けたり、披露宴のテーブルに各ゲストへメッセージを置いておいたり、一つ一つ手間をかけることによりゲストを喜ばせることができます。またゲストのテーブルにインスタントカメラを置いておくと当日自由に写真撮影ができるのでとても便利です。

その他にも様々な演出があります

披露宴ではケーク入刀やファーストバイト等を行いますが、その際に両親によるお手本バイトでお母様とお父様にケーキを食べさせあってもらいます。それからラストバイトはお母様と新郎新婦それぞれがケーキを食べさせあい、今までご飯を食べさせてくれたことに感謝の気持ちを表します。このようにお父様とお母様が参加する感動的な演出方法もあります。その他にもしもその当日やその月に誕生日の友人がいたら一緒に参加してもらうなどゲスト参加形で楽しめる演出があります。

幻想的な演出方法もあります

歳入場の際にこれまではキャンドルサービスで新郎新婦が各テーブルをラウンドしていましたが、最近ではキャンドルリレーと言ってキャンドルを各ゲストでリレーしてもらい、最後にはメインキャンドルにキャンドルの光を灯す幻想的な演出方法があります。その他にもゲスト一人一人に光小物を持ってもらい、新郎新婦が各テーブルの中央で火をつけたり、ドライアイスを入れるなど様々な演出をするタイミングで光小物同時に使用することでおしゃれで喧騒的な演出が行えます。

神戸の結婚式場は異国情緒漂う街並みでの素敵なレストランや夜景がきれいなホテルでもあり、思い出に残る事でしょう。