単身赴任はどれくらいかかる?帰省費用にも注意!

何にどれだけ費用がかかるかわからない

結婚をした後、家計の管理を奥さんが行うケースが多いかもしれません。専業主婦ならもちろんですが、共働きでも奥さんに管理してもらう場合があります。この場合、夫は家計の内容はあまり知らない場合があります。すると、何にどれくらいかかるのが一般的なのかがわかりません。単身赴任で一人暮らしをすると、基本的にはすべて自分でしなければいけません。洗濯や掃除、食事も自分で行います。自分ですべて行えばそれほどコストもかかりませんが、クリーニングを利用したり、外食やコンビニ食などを多用するとかなりコストがかかります。奥さんとしては、どんな生活をしたらよいのか遠距離管理をした方がいいかもしれません。簡単な食事のレシピなどを送るなどしてみましょう。

帰省に伴う費用は所得税の課税になる

会社に勤務すると給料を受けます。所得税の対象となりますが、通勤交通費に関しては、一定額までは非課税になります。つまりは税金はかかりません。業務上の交通費は、そもそもが所得ではないので、個人の所得税には一切関係がありません。では、単身赴任者が週末などに規制をするときに支給される交通費はどうなるかです。この場合は、給与所得として課税されます。費用そのものは受けられますが、その分所得が多くなるので、所得税が多く徴収されます。毎週のように数万円単位でかかる場合、それなりの税金になるので覚悟しないといけません。ただし、業務上の出張と合わせて行われる規制の場合は該当しません。該当するケースなどを確認しておくとよいでしょう。

単身赴任だと、家具や家電を揃えるのに時間やお金がかかってしまうことがあります。しかし、賃貸物件によっては備え付けの家具が用意されている物件があるので、単身赴任の家具は備え付けだと割安に利用できます。