和婚ブームの今、仏前式が再評価されている!

お寺が関わる結婚式!

依然として教会式の挙式スタイルが主流ですが、若い人たちを中心に、伝統的な日本人の価値観を大切にする風潮が高まってからは和婚が注目されるようになりました。日本に古くから伝わる挙式スタイルで、歴史のある神社やお寺で親族中心にささやかな式を挙げるのです。和婚といえば、神社で行う神前式を連想しますが、お寺や自宅の仏壇の前で行う仏前式もあります。教会式の挙式では、新郎新婦は永遠の愛を誓い合いますが、仏前式では輪廻転生の考えがあるので、永遠の愛を誓うのではなく先祖と仏様に夫婦になったことを報告する、という点が大きな違いです。現世で結ばれた二人は来世でも巡り合って夫婦になると考えられているので、意外とロマンチックな面もあるんですよ。指輪の交換もすることができますが、念珠授与の後に行われます。

仏前式を行う時に知っておきたいこと

仏前式はどのお寺に頼んでもいいというものではありません。自分の一族の菩提寺か、同じ宗派のお寺で行うという決まりがあります。この菩提寺は新郎と新婦どちらのものでも大丈夫です。最近は仏前式プランを取り入れて、幅広い宗派や菩提寺にとらわれずに仏前式を行ってくれるお寺も出てきました。新郎新婦で宗派が異なる場合は、新郎側に合わせる傾向が見られます。挙式の流れはそのお寺ごとに細かい違いがありますが、必ず行われるのは念珠の授与です。お坊さんから結婚祝いとして紅白の数珠を授与されるので、親指を除く四本の指にかけて合掌してください。

鶴岡八幡宮で結婚式は歴史があり、厳かな式になります。和装での式は気も引き締まり、一生の思い出となるでしょう。